妊娠太りには!これからできる効果的なダイエット

自分の現状を知ってダイエットをする

道で偶然知人と遭遇しました。顔を合わせたのは1年ぶりくらいの方。
あちらの第一声は「久しぶり?!すっごい痩せたね!」でした。
そうなんです痩せたんです。この1年で7sほど。といってもまだデブが小デブになった程度ではあるのですが。
「何で?どうやって痩せたの?」という問いに私が返した答えは
「単に今までが食べ過ぎだったんです…」
今まで自分がどうして太っているのか長年の謎でした。間食する訳でなし。夕飯が夜遅くなる訳でなし。そりゃああまり動かないから消費は少ないけれど、隣でバリバリお菓子を食べていた友人より圧倒的に太っていました。
もうこれは体質なのだ。そういう星の元うまれた宿命なのだと事実を諦観気味に受け入れてはいたのですが、あるときふと気が向いてレコーディングダイエットというものを始めてみたのです。
その日の体重と便通、何をどれくらい食べて1日どれくらいのカロリーを摂取したのかを記録する。ただそれだけのもの。
そんなことで痩せますかいなと鼻で笑いながら足を踏み入れた世界でしたが、そこには驚愕の事実が詰まっていたのです。「私の普通は、普通じゃなかった…」
ダイエットを試みる女性の1日の目標摂取カロリーは1200kcal以下ということですが、私は間食無しの三食だけでその倍…下手したら3倍に届きそうな程のカロリーを摂取していたのです。
その事実に愕然としながらも、走馬灯のように色んなことが思い出されました。そういえば友人のお弁当箱は幼児用かなと思えるほど小さかった。子供時代から馴染みのあるおむすびの大きさは、いつ誰と比べても3?4倍は多かった。当たり前と思っていたことが当たり前ではありませんでした。
その衝撃は頭の中だけに収まらず全身の細胞も説得できるほどのものだったようで、自然と食事の量が減りました。とはいえ1200kcal以下とまではいきませんでしたが、1500?1800kcalほどで満足に暮らせるようになりました。
いままで痩せるサプリだ食材だとかそういうものに意識が向いていましたが、そこに手を出す前にまず自分の現状を知ること、それが大切であり前提であり結果を出す土台になるのだと、身を以て深く知ったのでした。